01年12月の雑記


12月31日 私的音楽大賞
 今年購入したCDなどで気に入ったものなどつらつらと書いてみます。(注:今年発売したものでない作品もあります。あくまで今年購入したもの)

 平沢進 部門
・INTERACTIVE LIVE SHOW 2000 賢者のプロペラ
 いきなりDVDだし。これは前年12月のインタラクティブライブを収録したDVDです。インタラクティブライブとは簡単なRPGのように観客の選択でライブの進行が変わっていくのです。私が行った回はグッドエンディングで大スクリーンに映った、宇宙に咲く大輪の蓮の花に感動しました。

・Rukutun or Die(MP3ver.)
 もとは声優の宮村優子嬢のアルバム「大四喜」の収録曲です。平沢師匠はミヤムーに「MOTHER」「MOONTIME」も提供しセルフカバーもしているんですが、これはMP3での配信となってます。ミヤムーの功績としては平沢師匠からこのキャラクターを再度引き出したという点か?

 アニメ部門
・ALI PROJECT「コッペリアの棺」
 ココロ図書館のOPも良かったですが今年はやはりこの曲かな。アニメOPだとサビ→Aメロ→Bメロ→サビとなりますが、私はAメロのオケが大好きです。バイオリンのひっくり返るような音がたまりません。

 ノイズ・インダストリアル部門
・LINIJA MASS「EISERNE REVOLUTION」
 蒸気機関車のような音が全編にわたって鳴り、金属が擦れ、軋み巨大な何かが疾走しているかのようなノイズ。とてつもなくかっこいいです。

・MATHIAS GRASSOW−KLAUS WIESE「MERCURIUS」
 ドローンもの。20分近い曲が4曲収録されてます。どれもシンセの持続音、ストリングスの低い唸るような音が重なって鳴っているだけなんですが、これが心地よい。ほんとに集中して作業したいとき(カラーなど)はこのCDです。

・CONVERTER「BLAST FURNACE」
 ハーシュ・インダストリアルとかデス・インダストリアルとか言われているジャンルのCDです。重く歪んだ音でビートを刻む猛烈なダンスミュージック(笑)です。とにかくビート音が金属ノイズで「ゴッ」「ガッ」とこられると、私は震えてしまいます。

・VON THRONSTAHL「IMPERIUM INTERNUM」
 ノイズ屋さんで買いましたが中はシンフォニックで、共産圏の映像を思わせる暗さがあります。特に1曲目のタイトル曲は素晴らしいです。「IN THE NURSERY」など聴いてる方は是非御一聴を。

 今年もあと僅かです。来年もよろしくお願いします。2002年が皆さんにとって良い年でありますように。

12月30日 コミックマーケット61
 ヨングミラテチーターッ!!
 いざ出陣!朝6時にますだセンセ、フジチャイ氏をJR稲毛駅でGETして357号線を有明目指してひた走る。いつも思うんですが、コミケ当日357を朝走っている車はみんな有明を目指しているように見えます。
 さて、会場入りして設営。懸念のパンツ1本線も、抱き枕ののぼりも問題なくOKでました。砂さんの後輩のOTUさんにも臨時のお手伝いとして来て頂きました。でも始まってみれば夏のように行列はできずにちょっと人が集まる程度で楽にできました。列ができるとプレッシャーで焦ってしまうのです。書店卸の影響もあるんでしょうけど。「チビ枕」はあっというまに完売してしまい、「抱き枕2」も30分くらいで完売。次回のイベントで再販しますので許してください。「04」も昼くらいで終了で一息。OTUさんが暗算が速かったので助かったです。その他3人は普段計算脳など使いもしてないので(笑)フジチャイ氏は細かくごみ捨てに行ってくれました。ますだセンセも売り子に徹してくれました。有難うございました。
 さて、今回も沢山の方々においで頂けて嬉しかったです。同人誌も沢山頂きました。抱き枕も交換できました。幸せ者です♪ご挨拶に来て頂いた皆様あまりゆっくりお話できなくて申し訳ないです。失礼がありましたらここでお詫び申し上げます。どうかこれからもよろしくお願いします。 
 帰りにますだセンセ、フジチャイ氏とご飯を食べて帰ろうということになり、夏のリベンジを兼ねて例の松坂牛屋へ。食べました、霜降り牛刺し7切れ3000円。2皿。何この歯ごたえなくとろけてく肉は!?
 フジチャイ氏を津田沼まで送って行き、本屋などに立ち寄って、「ダーティペア劇場版」のDVDとか見つけたりして帰宅。やっぱり疲れました。でも楽しかったです。夏も灰原で出せるんでしょうかね。ちょっと心配です。

 「04」の感想、抱き枕の使用感想などお待ちしております。掲示板にちょっと書いてくださるだけでも結構です。お願いします。

 
12月20日 同人誌の原稿を入稿
 いろいろあって、今回はどうなるかと思いましたがなんとか完成しました。アシにきてくれた、ますだセンセ QT−R氏 砂さん ありがとうございました。
 朝まで砂さんと仕上げをしてそのまま秋葉原の印刷所へGO!朝の占いで「どんでん返しがあります」と言われ一抹の不安を持ちながら。
 表紙の原稿を見た印刷所のおねえさんがいきなり「これは修正が必要かも」
 えぇ〜。そんなぁ(泣
 どうやら、パンツの1本しわがまずいらしい。表紙はこんなのもまずくなるくらい、印刷所も過敏になってるのか?とりあえず今回はこのまま引き受けてくれました。アップになってるわけでもないので大丈夫でしょう、と。でもコミケのスタッフによっては例のものを喰らうかも、だそうです。更に再販からは修正したものでお願いしますと言われてしまったので、図らずも初版限定の表紙になってしまいそうです。PCで修正してデジタル入稿するしかないか。色合い変わってしまいそうだなぁ。
 なんか、かなりげんなりしてしまい、あまり秋葉もうろつかず帰宅しました。
 あれが駄目だったら抱き枕カバーどうすんのよっ!!って夏もこんなこと書いてたな。もうびくびく生活するのは嫌じゃよぉ。それでも今夜から抱き枕のおまけ用のコピー本の原稿を描きます。 
 ところで今回の表紙いかがですか?
 当日、頒布できなくなってたらごめんなさい。

01年8月の雑記  01年9月の雑記  01年10月の雑記  01年11月の雑記