行ってきます。今日の気温は今期最低っぽい。

走りだして1時間くらいで「ヤバい。寒い!これはヤバい!」となる。
ちゃんと冬装備してきたわけですがそれでも寒かった。特に脚。少々なめてた。

こんな事もあろうかとちゃんとオーバーパンツを…

忘れた。

すぐにコンビニで雨ガッパの下だけ購入。
なんとかなった。N3Bに白いカッパという斬新なスタイルになったがしょうがない。




しかし天気はいい。
さいたまにはいって山の稜線が見え始めたあたり。川沿いの道をのんびり走る最高のコース。
MAPLUSもやるときはやるな。




ところがどっこい。
群馬にはいったあたりで「赤城」とかいう地名が見え始める。
これはあの有名な赤城レッドサンズの聖地では?
と思えるほどの峠道を走らされる。

「標高が1000メートルを越えてますよ。」
と、MAPLUSのラム(リゼロのナビ)が言う。
随分と坂道登った気がしたし、さらに寒いし、なんか気持ちエンジンのフケも悪いとおもったらそんなところかよ!
道路の気温表示が3℃とかだったよ。




途中にダムがあったよ。薗原ダムとか。

いや。非常に気持ちよかったのですが、ガソリンの残量とか気になってましたね。




やっと着きました。吹割の滝。
今日の目的地です。




特に聖地とかではなく
単に「群馬って行ったことないな。面白そうな所あるかな?」って感じで。
















予想より迫力あったし、いいところでした。
意外と観光客も多い。




滝の直ぐ側にあった「水石」というお蕎麦屋さんで鴨せいろ。




そして、おしるこであったまる。

来るのに7時間かかったから帰りも7時間かー、とかちょっと気が遠くなったね。
朝、7時くらいに出発して着いたのが15時近く。
帰宅開始は16時くらいだから…


さて帰るかという頃には薄暗くなってて
30分も走ったら真っ暗で、まだ山道なんですけどって。

寒さの限界で1時間くらいおきにコンビニやスタンドで休憩入れながら
「うわー、まだこんなところなんだ」ってスマホで現在位置確認して
「これは今日中に帰れる気がしない」って考えてた。

なんでこんな遠くまで来ちゃったのかなー
なんて考えても、さいたまの幸手あたりまでくれば
「あ、もうすぐ帰れるわー」とか
「次はどこ行くかなー」とか考え始めてる。

46歳にしてまたバイクに人生変えられてる。楽しいね。

結局、帰宅時間は23時。

走行距離413kmで最長ではなかったけど、アップダウンと休憩多めのせいか往復で14時間乗ってたという。


新しい冬用グローブを買おう。